桐のチカラ!! ~タンス選びのポイント~ 桐材が使われているタンスを選ぼう! 収納・チェスト売場 島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

グル―パーズ ニュースサイト

桐のチカラ!! ~タンス選びのポイント~

収納・チェスト

収納・チェスト売場

収納・チェスト売場

家具・インテリア

島忠海老名店

2018-3-12

58 view
桐のチカラ!! ~タンス選びのポイント~ - 桐材が使われているタンスを選ぼう!

桐材が使われているタンスを選ぼう!

こんにちは、島忠海老名店です。

これから入学や一人暮らし、転勤などで新しい住まいに暮らすときに、
タンスなどの収納家具をご検討されている方も多いと思います。
今回はそのような方の為にタンスの選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

タンスを選ぶポイントの1つは、、、
それは使用されている「木材」です。
木材にも様々な種類もありますが、
その中でも最も適している木材が「」材なんです。

桐のチカラ!! ~タンス選びのポイント~ - 桐のチカラとは・・・

桐のチカラとは・・・

箪笥というと昔から大切なお洋服や着物などを大切にしまう収納として有名ですが、
やはりそこには「のチカラ」が非常に役立っているからなんです。

のチカラ その1~
防虫効果
の成分は弱アルカリ性の為、蒸しを寄せ付けにくいという特長があります。
季節の衣類など長期間収納する場合に、大切な衣類を虫食いから守ることができます。

のチカラ その2~
調湿効果
は湿気が多い時はその湿気を吸い込み、乾燥している時は、その吸い込んだ湿気を放出するという性質があります。
なのでタンスの中の湿度を一定に保つ事が出来るのでカビも生えにくく、特に四季があり高温多湿の日本にとって非常に適している材質と言えます。

のチカラ その3~
防火性
材の発火点(物が自然に燃え始める温度)が425℃と他の木材に比べると非常に高くなっています。
その昔、火事があってもタンスは外側が燃えて焦げてしまっても、中身の衣類は全くの無事だったという事例もあります。
その為、江戸時代後期から使われていたタンスには、衣類以外にも大切な物が入れられていたと言います。

~余談ですが・・・~
タンスの数え方が「1棹(さお)、2棹、、、」というのはご存知でしょうか?
これは実は、昔のタンスには端に金属の車輪がついていてそこの棹(さお)のような長い棒を通して、
火事の時などはタンスごと担いで避難していたという事からきています。

ぜひ新生活などでタンスを選ぶ際に参考にして頂ければと思います。

桐材のタンス選び タンス 桐