「シングルベッド」から「セミダブルベッド」へ セミダブルサイズでより良い睡眠!! ベッド売場 島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

グル―パーズ ニュースサイト

「シングルベッド」から「セミダブルベッド」へ

ベッド

ベッド売場

ベッド売場

家具・インテリア

島忠海老名店

2018-6-27

119 view
「シングルベッド」から「セミダブルベッド」へ - セミダブルサイズでより良い睡眠!!

セミダブルサイズでより良い睡眠!!

 こんにちは、島忠海老名店 ベッド担当の池田です。
 梅雨になり、ジメジメする毎日が続いていますが、皆さんよく眠れているでしょうか?
今回は寝具の広さ、特にセミダブルサイズのメリットについてお話をさせていただきます。
 まず、ベッドのサイズはシングルサイズで100cm、セミダブルサイズで120cm、ダブルサイズで140cmとなっております。シングルから20cmずつ広くなっていくようになっています。
 イメージではシングルが一人用で、ダブルサイズは二人用のイメージがあるかと思います。
そこでセミダブルサイズは?と思われるかもしれませんが、セミダブルサイズは基本的には一人用として使えるようになっています!
 それではシングルサイズとセミダブルサイズを比べて、どんな所が良いのかをこれからお話ししていきます!

 

1、身体の幅と寝返り

 一般的な日本人の肩幅は男性は約45cmで女性は約40cmです。仰向けでずーっと寝たとしてもこれくらいのスペースが必要になるという事ですね!
 とは言ってもずっと仰向けで眠っていては特定の場所に負担がかかり、疲れが溜まってしまう原因になるんです!
そのため、無意識のうちに人は寝返りをうちます。平均でも一晩で20~30回寝返りを打つと言われています。
 ということは、最低でも男性で90cm女性でも80cmはスペースが必要になってきます。ですがまっすぐ気を付けをした状態で眠るかたは多くないですよね?
 それを考えると、セミダブルサイズがあれば寝返りをうってもゆったり安心して眠る事が出来ます!

「シングルベッド」から「セミダブルベッド」へ - 2、掛布団の大きさ

2、掛布団の大きさ

 お客様のお話を伺っていると意外多く言われるのが掛布団がベッドから落ちてしまう!という話をよく聞きます。
 シングルサイズの掛布団でも横幅は150cmと意外と大きいんです。羽根布団とかの場合は落ちてしまう事が多くなってしまうんですね。
 それがセミダブルサイズになると程ぴったりくらいの幅になるので、落ちる事もかなり少なくなります!

「シングルベッド」から「セミダブルベッド」へ - 3、ホテルの寝心地

3、ホテルの寝心地

 そして、お客様からよく伺うお話しはホテルでの寝心地が良かったからそれに近いベッドが欲しい!とよくご相談をしていただきます。
 一般的なホテルではツインルームでも置いてあるベッドはシングルサイズではなくセミダブルサイズが多いんです!もちろん快適にお休みいただけるのはマットレスのおかげだと思います!
しかしもしかすると、サイズが広かったから快適に寝れたという可能性もあるんです!

とは言っても部屋のサイズが、、、

 今回、セミダブルサイズをオススメさせていただく理由は以上になります!
とは言っても広いお部屋ならいいかもしれませんが少しでもスペースをとりたくないという方が多いかと思います!
 そこでオススメなのがシングルサイズでも端の補強をして、隅々まで使えるタイプのベッドです!
端をコイルを太くしている物や、端にウレタンを入れているものと種類は色々あるので、是非、島忠海老名店にてその違いをお試しになってみてください!

セミダブルベッドについて 広く セミダブル