ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~ 最近しっかり眠れていますか? ベッド売場 島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

島忠海老名店 シマホWEBマガジン

グル―パーズ ニュースサイト

ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~

ベッド

ベッド売場

ベッド売場

家具・インテリア

島忠海老名店

2017-6-15

442 view
ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~ - 最近しっかり眠れていますか?

最近しっかり眠れていますか?

島忠海老名店家具フロア ベッド担当 高沢と申します。
いきなりですが、最近睡眠はしっかりと取れているでしょうか?
寝たはずなのに、起きた時にダルい感じになっていませんか?
睡眠は一日の中で約6~8時間も使う非常に大切な時間です。
実は、日本人の約4割近くの方が睡眠についての何かしらの悩みを
持っていると言われています。
当店にもそのような悩みをお持ちの方が数多く来られ、その中でも 

「ベッドマットレスの種類も多くてその中でどれを選んでいいのかわからない?」

という方が非常に多くおられます。なので今回は、
「 ベッドマットレスのコイルの種類 」
についてお話を致します。

今、流行りの『 ポケットコイル 』

ベッドマットレスのコイル(バネ)の種類は大きく分けて一般的に
○ ポケットコイル
○ ボンネルコイル
の2種類になります。

最近、CMなどでも多く見られるようになったポケットコイルとは、
コイル(バネ)を一つ一つ袋で包み、それぞれが独立して動くコイルになります。
ポケットコイルの特徴は、コイル自体が独立して動く為、寝る人の身体のラインに沿って
「点」で支える事で理想的な寝姿勢が取りやすいという事です。
また独立しているので、寝返りなどの振動も伝わりづらくなっています。
ポケットコイルを使用した有名なブランドで言うと、「シモンズベッド」などがそれにあたります。

ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~ - 安定感抜群の『 ボンネルコイル 』

安定感抜群の『 ボンネルコイル 』

ボンネルコイルとは、一つ一つコイル(バネ)が独立しているポケットコイルとは反対で
コイルそれぞれが連結して繋がっている構造になっています。
ポケットコイルが「点」で身体を支えるのに対して、
ボンネルコイルは「面」で身体を支えます。
その為、しっかりした寝心地で耐久性も高いという特徴になります。
またコイル自体を直接つなげて一枚のマットレスが出来ているので、
通気性も非常に高いとうメリットもあります。
ボンネルコイルで有名なブランドでいうと、「フランスベッド」などがそれにあたります。
ただ「フランスベッド」においては通常のボンネルコイルの構造とは違い、
コイル(バネ)自体を一本のワイヤーで形成されている「高密度連続スプリング」を使用することで、より安定感や振動を抑えるコイルマットレスがあります。


コイルマットレスは、ポケットコイルもボンネルコイルもそれぞれ特徴があり、一概にコレが良い!という訳ではありません。やはり寝心地については実際に試してみて好みやこだわりに合わせて選んでいただくのが良いと思われます。
あくまで参考としては、柔らかめ~普通の硬さであれば、ポケットコイル
硬めやしっかりした寝心地であれば、ボンネルコイルをおススメいたします。

ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~ - 独特な寝心地、『 ノンコイル(マットレス) 』

独特な寝心地、『 ノンコイル(マットレス) 』

実はベッドマットレスには金属のバネ(コイル)が入っているモノだけではありません。
コイルを入れず、クッション材に使われるようなウレタンやラテックスと言われるゴム系の素材だけで形成される「ノンコイルマットレス」というモノもあります。
包み込まれるような感触の低反発や反発性が心地よい高反発・ジェルを混ぜたジェルメモリーなどなど硬さや素材の種類も非常に豊富になっています。
その感触自体もそうなのですが、金属製のコイルを使うのとは違い重さも非常に軽量で女性の方にも扱いやすいと最近では非常に評判も良くなってきています。

ベッドマットレスの選び方 ~ コイルの種類編 ~ -

ベッドマットレスはその種類も増えており、同じブランドのマットレスでもバリエーションがあります。自分で選ぶのはなかなか難しいとお悩みの方、当店でも常時100台近くのベッドをご用意しておりまた専門知識を持ったスタッフもおりますので、是非お気軽にお立ち寄り頂ければと思います。心よりお待ちしております。

マットレスの選び方 選び方 マットレス